関連サイトのご紹介

映画 『生きとし生けるもの』 上映のご案内


映画『生きとし生けるもの』上映のご案内

札幌を皮切りに今も上映中の映画が豊富町で上映されます。
 
上映日:2017年12月10日(日)
場所: 豊富町町民センター
料金:大人 前売り1,000円  当日券1,100円
小中高生 無料

チケット販売箇所
豊富町教育委員会・豊富町観光協会内他
各実行委員会員からも直接お買い求め頂けます。


上映は2回
・13:30~終了後トーク
・18:00~トーク後上映

この映画の今津監督と豊富町と映画を結び付けてくれた方との
トークもご用意しております。


この映画と豊富町を結びつけたのは、一人の豊富町出身の
Pencil Artist秋本真見さんの存在。

20171027_081224_737   販売所入りポスターデータ

 

いちど限りの永遠。という印象的なコピーの横で、
こちらをじっと見つめるいきものは、鉛筆画のキツネ。

この鉛筆画を描いたのが、ペンシル・アーティストの秋本真見さん、豊富町出身だ。

豊富町での上映についてはこちら
映画生きとし生けるもの豊富町上映会実行委員会Facebook

人口4千人に満たない、映画館もないこの町で、
なぜ上映中の映画を上映できることになったのか?
 
秋本さんが映画鑑賞後、映画に感激してきつねの絵を鉛筆画で制作。
個人のFacebookにアップしたところ、監督の目にとまり、ポスター化が決定。
是非、豊富町でも上映を実現させたい、との有志が集まり動き出しました。
その後、海外でのプロモーション用に、秋本さんの絵も使われることになりました

海外用ポスター 

 

 ここでは伝えきれないドラマが今も動いています。
色々な縁を感じながら、ぜひ豊富町町民センターへお越しください。
圧倒的な迫力で、観る人の心を奪う映像と音楽の80分。
野生動物たちが繰り広げる命のドラマを、お楽しみください。


こちらが、映画オリジナルのリーフレット

 オリジナルチラシ表  オリジナルチラシ裏


映画説明
映画「生きとし生けるもの」は、長年旭山動物園のポスター写真などを
手がけてきた北海道在住の写真家今津秀邦氏が初監督を務めた渾身の
ドキュメントです。

その場にいるかのような臨場感溢れる映像と音、役者のように撮影された
生き物たちは見応え十分で、解説が無くても伝えられる映像を記録するために
5年の歳月を費やした映画となっております。

物語へと誘う津川雅彦氏のナレーションは2か所のみですが、
今を精一杯生きる動物達の姿から、新たな感動と衝撃を体験する
内容となっております。

映画「生きとし生けるもの」
公式ホームページ

公式Facebook